基礎分野

科学的思考の基盤

科目名 単位 時間 学年
物理学 1 30 1
生物学 1 30 1
教育学 1 30 2
英語 1 30 1
表現法 1 30 1
情報科学 1 30 1
論理的思考 1 20 1

人間と生活・社会の理解

科目名 単位 時間 学年
生命倫理学 1 30 3
総合人間学 1 20 1
保健体育 1 30 1
コミュニケーション論 1 15 1
社会学 1 30 2
人間関係論 1 30 2

専門基礎分野

人体の機能と構造

科目名 単位 時間 学年
形態機能学Ⅰ 1 15 1
形態機能学Ⅱ 1 30 1
形態機能学Ⅲ 1 30 1
形態機能学Ⅳ 1 30 1
生化学 1 30 1
栄養学 1 30 1

疾病の成り立ちと回復の促進

科目名 単位 時間 学年
病理学 1 15 1
病態生理治療論Ⅰ 1 30 1
病態生理治療論Ⅱ 1 30 1
病態生理治療論Ⅲ 1 30 1
病態生理治療論Ⅳ 1 30 1
病態生理治療論Ⅴ 1 30 1
病態生理演習 1 15 2
薬理学 1 30 1
微生物学 1 30 1

健康支援と社会福祉制度

科目名 単位 時間 学年
社会福祉 1 15 2
関係法規 1 15 2
公衆衛生学 1 30 2
保健統計学 1 20 2
死生学 1 15 3
総合医療論 1 15 3

専門分野Ⅰ

基礎看護学

学習目標

看護の目的、看護のための対象のとらえかた、看護の方法を理解し、看護実践の基盤となる思考過程や基礎技術を習得し、 将来に向かって目標を持ち、専門職としてのありかたを探求し続ける姿勢を養います。

科目名 単位 時間 学年
看護学概論 1 30 1
看護方法Ⅰ 1 30 1
看護方法Ⅱ 1 30 1
看護方法Ⅲ 1 30 1
看護方法Ⅳ 1 30 1
看護方法Ⅴ 1 30 1
看護方法Ⅵ 1 30 1
看護方法Ⅶ 1 30 1
看護方法Ⅷ 1 30 1
臨床看護演習 1 30 2

臨地実習

学習目標

臨地実習とは、習得した理論や技術を基礎とし、実習施設及び地域において看護を研修することを目的とする。この課程をとおして、看護の理論と実践とを自らが統一することを養います。

科目名 単位 時間 学年
基礎看護実習Ⅰ 1 45 1
基礎看護実習Ⅱ 2 90 1

専門分野Ⅱ

成人看護学

学習目標

身体的に成長・成熟・衰退と変化し、精神・心理・社会的に独立し社会的期待も大きく自立・自律する時期にある人を身体的・心理的・社会的に統合された全体として認識し、健康の保持増進・疾病の予防・健康の回復を含めたその人の最適健康の実現に向けた援助能力を養います。

科目名 単位 時間 学年
成人看護概論 1 30 1
成人看護方法Ⅰ 1 30 2
成人看護方法Ⅱ 1 30 2
成人看護方法Ⅲ 1 30 2
成人看護方法Ⅳ 1 30 2
成人看護過程展開技術 1 30 2

老年看護学

学習目標

老いて生きる高齢者に対する理解を深め、高齢者がそれぞれの健康レベルや状況に適応し、自律した生活を獲得し、生の完成をはかれるように援助できる能力を養います。

科目名 単位 時間 学年
老年看護概論Ⅰ 1 30 1
老年看護概論Ⅱ 1 15 2
老年看護方法Ⅰ 1 30 2
老年看護方法Ⅱ 1 30 2

小児看護学

学習目標

小児看護学の学習をとおして、小児各期の発達段階を理解し、その成長や発達に応じ一人一人の子どもと、その家族を尊重した看護が実践できる能力を養います。

科目名 単位 時間 学年
小児看護概論Ⅰ 1 30 2
小児看護概論Ⅱ 1 20 2
小児看護方法Ⅰ 1 20 2
小児看護方法Ⅱ 1 30 2

母性看護学

学習目標

母性の特性を生理的・心理的・社会的側面から理解し、母性看護の必要性を認識し、 母性の一生を通じた健康の保持・増進に必要な看護が実践できる能力を養います。

科目名 単位 時間 学年
母性看護概論Ⅰ 1 25 1
母性看護概論Ⅱ 1 20 2
母性看護方法Ⅰ 1 25 2
母性看護方法Ⅱ 1 30 2

精神看護学

学習目標

精神疾患をもつ人だけでなく、人への関心と相互作用について考え“患者理解”には自己理解に基づくことを学びます。そして精神看護の知識と技術を学び、精神障がい者への尊重や生活への適応を支援する心と態度を養います。

科目名 単位 時間 学年
精神看護概論Ⅰ 1 30 2
精神看護概論Ⅱ 1 20 2
精神看護方法Ⅰ 1 20 2
精神看護方法Ⅱ 1 30 2

臨地実習

学習目標

臨地実習とは、習得した理論や技術を基礎とし、実習施設及び地域において看護を研修することを目的とする。この課程をとおして、看護の理論と実践とを自らが統一することを養います。

科目名 単位 時間 学年
看護過程実習Ⅰ 2 90 2
看護過程実習Ⅱ 2 90 2
成人看護実習 2 90 3
老年看護実習Ⅰ 2 90 2
老年看護実習Ⅱ 2 90 3
小児看護実習 2 90 3
母性看護実習 2 90 3
精神看護実習 2 90 3

統合分野

在宅看護論

学習目標

地域のケアシステムの中で看護が果たす役割を理解し、地域で生活しながら療養する人々とその家族が、在宅で充実した生活ができるよう援助するための基礎的看護実践能力を養います。

科目名 単位 時間 学年
在宅看護概論Ⅰ 1 20 2
在宅看護概論Ⅱ 1 30 2
在宅看護方法Ⅰ 1 30 2
在宅看護方法Ⅱ 1 20 2

看護の統合と実践

学習目標

講義・実習で積み上げてきた全ての学習内容を土台とし、医療安全・看護倫理・国際看護・災害看護・研究的視点を学ぶことで広い視野に基づいた看護を考える力を養うと共に、臨床につながる看護実践力を養います。

科目名 単位 時間 学年
医療安全と看護管理 1 30 3
国際看護と災害看護 1 20 3
看護研究 1 30 3
総合看護実践 1 30 3

臨地実習

学習目標

臨地実習とは、習得した理論や技術を基礎とし、実習施設及び地域において看護を研修することを目的とする。この課程をとおして、看護の理論と実践とを自らが統一することを養います。

科目名 単位 時間 学年
在宅看護実習 2 90 3
統合実習 2 90 3