ニュース&トピックス

組合立静岡県中部看護専門学校 > ニュース&トピックス > お知らせ > 学習風景 > 1年次「高齢者疑似体験」を行いました。

1年次「高齢者疑似体験」を行いました。

11月2日(金)、1年次の学生たちは高齢者疑似体験装具を装着して、校内を歩いたり、浴室を使う演習を行いました。
耳栓や特殊眼鏡、手足の重りなどを着用し、日常生活動作を擬似的に体験することにより、加齢による身体的な変化(筋力、視力、聴力などの低下)を知り、体の不自由さや気持ちを理解しました。また、援助者としてどこをどのように援助したら高齢者が安全に生活でき、自分の持つ力を発揮しやすいかなどを体験的に学びました。

ページトップに戻る

Copyright © 組合立静岡県中部看護専門学校 All Rights Reserved.