教育理念

看護専門学校として「看護実践者を育成する」という使命のもと、知識、技術、態度のバランスの取れた人材を育成します。本校の教育標語である「優しい手、温かい心、科学の目」がバランスよく育まれて、真の看護実践者となります。
看護実践者に必要な看護実践力を支える力は、「感じる力」「考える力」「伝える力」「振り返る力」の4つです。その力が統合され、看護実践力として看護を必要とする人々に具体的な看護援助が提供されるのです。したがって、看護はその人そのものがそのまま表現されるというアートの側面を持ちます。その人が人としてどういう存在であるのかという、看護者の人間性が問われる職業であるといわれています。「感じる力」「考える力」「伝える力」「ふり返る力」を基盤に、学生が主体的に学ぶ力を育み、卒後も人間として自己成長し続けていける人材に育てます。
以上より、本校の育てたい学生像は、『人間関係を通して豊かな感性を磨き、知識に基づいた看護実践力を身につけ、人間として自己成長し続ける主体的な看護学生』です。

jw_photo02

教育目的

看護師に必要な基礎知識及び技術・態度を教授し、地域住民の保健医療に貢献しうる、人間性豊かな人材を育成します。

教育目標

  1. 生命の尊厳と人格の尊重の理念に基づき、全ての人を包容できる人間性を養います。
  2. 対象を総合的に理解し、看護の必要性を認識し、基礎的看護ができる能力を養います。
  3. 変化する社会と健康の問題に関心を持ち、高齢化社会に対応して、看護の役割が果たせる能力の基盤を身につけます。
  4. 看護を科学的に思考し、常に研究する態度を養い、看護の向上に寄与できる能力の基盤を身につけます。
  5. 保健医療チームの一員としての看護師の役割と責任を自覚し、自主性と協調性を身につけます。

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

  教育方針の「優しい手」「温かい心」「科学の目」を校訓として、地域医療に貢献できる人間性豊かな看護師の育成を目指しています。次のような学生を求めています。

思いやりの心があり、人への関心を寄せ関わることができる人
学ぼうとする意欲があり、目的に向かって努力が継続できる人
他者に耳を傾ける姿勢があり、思いや考えを表現できる人
社会のルールが守れ、集団に適応する協調性のある人
健康に関心を持って自己の心と体の健康管理ができる人